ファジの夏、来てるよ! J2 第21節 北九州vs岡山

いよいよ夏も本領発揮。毎日うだるような暑さが続きますね。
仕事がすごく忙しいので思うように更新できていませんが、スキを見つけてやっていこうと思います。
我らがファジは、2NDクール連敗スタートでつまづきましたが、このところ走り勝つ試合が続いています!


結果 北九州 1 - 2 岡山

<スタメン>
GK 真子
DF 後藤、植田、ストヤノフ
MF 竹田、仙石、小林、澤口、石原、臼井
FW 久木田


ケガでチアゴを欠き、千明も累積で出場停止。そこへきてミンキュンもスタメンをはずれるなど、かなり戦力的にダウンすることは否めない感のあったこの試合、勝点1でも拾えたらまずまず納得できるような状態でした。
ところが!
前半スローインから竹田の思い切りのいいJ初ゴールで先制すると、ゲームは支配させても点はやらないしぶとい守備で前半を1-0で折り返しました。例のごとく、格上相手から勝点を取るにはかかせない先制点がこの試合では入った。これまで先制をしてそのまま勝ちきる試合展開になかなか持ち込めないファジでしたが、この試合でようやくそれができましたね。
後半の勝ち越し点はショートカウンターでの得点のようで、またしてもあきれるくらい素晴らしいクロスが小林から上がり、白谷ももはや合わせるだけという完璧な一発。アウェイで好調の北九州相手に、このゲーム展開。影山監督もしてやったりの見事な試合運びで、手ごたえを感じたゲームだったんではないでしょうかね。

それにしても、この暑いシーズンに入り、愛媛に勝ち、湘南に分け、北九州に勝ちと再び盛り返してきたファジアーノ。水戸戦あたりでは自分もおいおい大丈夫かよ・・・とうつむき加減になっていましたが、ここへ来て好調期に入ってきていますね。
その好調の原因はやはり走り勝っているという点にあると思います。
体力的にキツくなれば技術の差はより小さくなってくるし、加えてファジはスペシャルな選手をのぞいて誰が入れ替わってもチームとしてのクオリティを下げずに済む強みがある。昨日の試合なんてまさにその特徴が発揮できた試合だったのではないでしょうか。
よくよく振り返ってみれば愛媛、湘南、北九州のこの3試合、どの試合も後半に盛り返して勝点を獲得してるんですよね。

そして、もうひとつは石原・久木田の活躍ですよね!
ここのところ試合に出れる機会が増えてきていますが、彼らの若さ・スピード・運動量というものが、チームの推進力になって来ていると思います。懸念されたチアゴ頼み問題の部分もすこしづつですが成果を上げてきつつある。これは中盤戦・終盤戦に向け心強い材料といえるでしょう。妹尾離脱のときはどうなることかと思いましたが、ここまで合格点の仕事ぶりと言っていいと思います。このまま成長して妹尾の席を奪うくらいになって欲しい。

さて、次は24日カンスタでの草津戦ですね!
しぶとく走り勝って、久々のカンスタ勝利・今季初の2連勝!たのむぞファジアーノ!

↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0