打ち上げ花火はカンスタで上がった! J2  第3節 岡山 vs 熊本

ブラボーーーー!!!!


花火大会と日程がかぶった今日の試合、カンスタメインスタンドからもキレイな花火がしっかり見れました。
しかし、花火は旭川だけじゃない!カンスタで上がってるんです!4発も!

<スタメン>
GK 真子
DF 近藤、ストヤノフ、植田
MF 竹田、千明、小林、澤口、石原、臼井
FW チアゴ

<結果>
岡山 4-0 熊本

今節から経過は省略させていただきます。


さあ、堅守で上位に留まったもののこのところ調子を落とし中位にまで順位を落としてきた熊本を迎えたこの一戦。この試合でちょうど19試合目、折り返し地点ということでなんとしてもいい形で2NDクールを締めくくり終盤に明るい材料を持った形で後半戦へとつなぎたい、そういう試合でしたよね。

花火大会と日程がかぶったことで観客動員的には苦戦が予想されたものの、5000overのサポが駆けつけ、雰囲気自体は普段とかわらぬ素晴らしいものでした。年1のイベントとかぶってこの数は本当にすごいよ。こういってはなんだけど首位徳島のホームゲームで3262人だもんね。今日の試合に岡山サポの底力を見ました。

前半はお互い強固な守備ブロックを敷いてしっかり守るという、ある種お決まりとなった展開で経過しました。
ファジとしても絶好のショートカウンターのチャンスがいくつかあったと思うんですが、どうも押上げが遅い・フォローが遅いということで、5バックの弱みといいますか、もうちょっと勇気を持って前線に人を送らないとせっかくの好機も威力半減になってしまいますよね。
ブロック対策としてチアゴの頭に合わせそこからの打開をはかるという手もファジにはありますが、今日はさほどいいボールも収まらず、なかなか好機を演出するに至らずと、そういう展開だったように思います。
今日の前半よかったところといえば、草津戦でも散見されましたが、あたらしいファジの攻め手としてサイドチェンジを多用して、ポジションのズレを誘発しフリーの選手をサイドで作る。そういう攻め方がはっきりと表現されていましたね。
ところが、かなりいいボールがDFラインやボランチから左サイドのユースケに供給されましたが、バウンド読み違い・トラップミス等でことごとく収めることが出来ず、せっかくのお膳立てをユースケ一人でつぶしてしまうシーンが多かった。後半修正してちゃんと収めていたので今後は大丈夫と思いますが、前半に限ってはたのまぁほんまたのまぁ・・・という感じでしたね。

後半。
開始早々、右サイドからの展開からこぼれ球を竹田のミドルシュートが決まり先制!!
ゲームプラン、力関係からいってこれ以上ないだろう?という時間帯での見事なゴールでした。後半に強さを発揮することの多いファジからすれば願ってもない先制点で、試合の主導権を握りました。
なんというんでしょう、やはり調子を落としているチームだからということもあると思いますが、熊本の後半はあまりよくなかったですね。意識的にファジの中盤とくに千明あたりがチェックを早めにするようになって丁寧に組み立てることが出来なくなりましたね。前に身長のある選手が入ったこともあり、ハイボールを放り込む攻め方に変わって来ましたが・・・これがよくなかった。
ヘディングお化け植田を含むファジの高身長DFラインが見事な冷静さでことごとくはじき返し、熊本の意図する展開をほぼ完全に封じていましたね。
ファジの方としても、前半相手SH・SBの2枚で通せんぼされて窮屈だったサイド攻撃に、WB・シャドー・ボランチ。WB・シャドー・CBなどと、3者が絡んで打開する展開が増え、サイドでいい形でボールを持てるそういう展開をできてましたね。こういうかたちをどんどん見せて欲しい。一人でダメなら二人。二人でダメなら三人と、足りないなら足りないなりのやりようはあるわけで、今後にもつながる後半でした。
しかし、石原はようやってるよ。それでいいんだ、逃げるな突っかけろ!
その後、PA内でのチアゴの落としを途中出場のクッキーがファーストタッチでナイスボレー!追加点!!
若干前がかってきて、試合展開としては打ち合いの様相を呈してきただけにこの追加点はほんとうにでかかった。
クッキーはいろいろ色眼鏡で見られますが、スピードもあるしなによりいい度胸を持ってると思いますね。愛媛戦のゴールもそうですが、ここぞというときの思い切りが大変いいと思う。
ファジが点を重ねるのに反して、熊本は動き出しも少なく、パスコースもない、しかたなくポストへハイボールというファジの悪いときのパターンそのまんまのような展開でしたねえ。ファジとしては助かりましたが。
その後、CKからチアゴのヘッドで加点。
終了間際にはさんざん時間稼ぎのパスをポンポン繋ぎ、あげくストヤンのファジでの初ゴールとなる信じられないミドルシュートで4点。なんと北九州戦を上回る、4-0での勝利。いやーーおなかいっぱいだよ。
今日に関しては文句ないです。
ゲームプラン・チームの特徴いろいろ総合して考えてみても、今シーズン中期のファジのよさをいかんなく発揮できた、そういう試合だと思います。ここへ来て、序盤自分の中ではお荷物感すらあった澤口・ストヤノフの両者でしたが、リーグ戦中盤にさしかかってきて存分に持ち味を発揮しだしていますね。
まあイリアンに関してはいずれ上がってくるだろうとは思っていましたが、澤口の近頃の充実は本当に頼もしいものがあります。若干プレーの選択の面で疑問がある場面はありますが、すこしづつ今のポジをものにしつつあるなと思いますね。この二人に限らず、今日は悪い選手が少なかった・
老婆心ながらあえて注文つけるとすれば、山ちゃんもっと早く入れてあげてほしかったかなぁ、3-0になった時点で入れて、ガチのゲームの中で慣らせてあげたかったかなぁぐらいでした。


これで11試合目から19試合目となる今節で稼いだ勝ち点は12。
先の10試合でかせいだ勝ち点も12ですから、昨年わずか6点に終わった第二クールもまあまあ及第点といえる成績で通過することが出来ました。
栃木や北Qの昇格争いに絡む成績は確かにうらやましいし悔しいですが、我々だって進歩しています。数字がちゃんとそう示している。今日のように、相手のミスに自分たちの強みを上乗せすれば、差のないJ2リーグですからこういう試合だって出来るんです!自信を持って戦っていきましょう!


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0