東京V戦とはなんだったのか(2)

(続き)

この試合改めて再放送で見直してみましたが、最初東京Vもロングボールをサイドヨコスペースへ放り込む戦術で出てきてましたね。しかしながら、そこはファジも折り込み済みでいまいち突破には至らない。


さあて、相手はどうするか。
前節の熊本は身長の高い選手にハイボールをぶつける作戦できましたよね。ところがファジのDFがこれをはじき返してしまった為、熊本は攻め手をなくした。平面での勝負は物足りませんが、高さには強さを見せるファジの守備陣です。

しっかり守れば、守りきれるんですよJ2は。
何故なら密集地帯でクオリティを失わずプレーが出来る選手なんてそんなにいないから。自由の少ない局面で違いを出せる選手はいてもごくわずかですからね。平面での勝負が弱くても組織で自由を奪えればそこまで脅威じゃない。


ところが、東京Vはすばらしかった。
特に前半において、細かいドリブルで突っかけてファジのよせをかわしまくった攻めがじわりじわりと効果を発揮しだします。いつもならバランス崩してボールを失ったり、ミスパスでマイボに出来るところですよ。
だけど東京Vは一向にボールをロストしてくれないんだもん。
おまけにトップ・ハーフ・バックのポジも関係なく、各人が仕掛ける姿勢を持っていて、どっからでも仕掛けてくる。こういうチームはパス一辺倒になったり、ドリブルばっかりと極端な感じになることもあるのに、実に見事にパスにドリブルが挟み込まれて、ほとんど掴ませてもらえませんでした。


行けばかわされて、離せばパスを繋がれる・・・・


小さな局面局面で勝利を重ねることで守備網に綻びを生んで、やがて大きな破綻に導いていく。
東京Vの個人技をベースにしたブロック崩し。まさかJ2でこのような崩し方を見せるチームがあるとは思いませんでした。各人の味方に対する技術への信頼感があるから、誰かが持ってると別の誰かが次のアクションにどんどん出て行くんですよね・・・・。ファジとしたらボールホルダーがまず抑えられないから、後続の選手はもっと抑えられない。どこまでいっても後手後手の守備を強いられてしまうという。

いやぁ、本当にお手上げ。
特に7番の河野。彼はこれまで見た選手で一番素晴らしい選手ですね。いずれJ1から海外に出て行ってもおかしくないんじゃないか?そんなポテンシャルを感じる選手でした。


果たしてこれに勝つにはどうしたらいいのか・・・?


相手の攻撃のスイッチを押す選手を1v1で抑えきれる選手を入れるか。
FC東京なみにリスペクトして、ハーフラインから自陣に引きこもってもっとコンパクトに守り抜く試合をするか。


ファジのボランチがあそこまで振り回される現状ですから、残念だけどモノが違ったと思うしかないのかなと。今のJ2レベルに達したかどうか?というようなメンバーでは通用しないよ、と見せ付けられた感は否めませんね。
亀のように守っていけばなんとかなったかもしれないですが、果たしてお盆休み開催の試合でナイトゲーム。8000overの観客動員が予想される中で、首位で本命中の本命というわけでもないチームを相手にホームでそんな試合が出来るかね・・・?と思えば、この試合こそ実力差で負けるべくして負けた、そういう試合だったのかなぁと思いました。残念だけどこのチームはダメだ、切り替えましょう。

こういうチームにがっつり組み合ってねじ伏せるようなチームになったときこそ、
本当にJ1への道が見えるのではないか?
そういう基準を自分に教えてもらった試合でした。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 2

ケン  2011, 08. 21 [Sun] 10:30

No title

 どうも、はじめてコメントさせて頂きます。

 どうすれば勝てるか(勝てたか)についてですが、かなり初歩的なお話で恐縮ですが、相手が4-3-3(3トップ)にシステム変更してきたのであれば、こちらも4バックの4-4-2とか4-2-3-1あたりにシステム変更するのがオーソドックスな対処法だと思います。

 特に4-2-3-1は、チアゴのような選手は4-2-3-1の1トップに適していると思いますし、またいくら東京Vの個々の選手が技術が高いとは言っても、中盤で3人と5人との差を覆すのはなかなか難しいと思いますし。

 しかし、東京Vは4-4-2から4-3-3へシステム変更した後、むしろ生き返っていた。これが何を物語るかというと、3トップの戦術的動きもまた普段の練習でしっかり練り込んでいることです。

 一方で、現在のファジアーノが4-4-2とか4-2-3-1にシステム変更したとして各選手がすぐそれに適した動き(特にコンビネーション)が出来ていた可能性は高くないと思います。理由はもちろん、報道等々で耳目にする限りでは、それらのシステムの練習が積めていないからです。つまり、結果的には、4-4-2とか4-2-3-1にシステム変更したとしても、有効な対策になりえていなかった可能性の方が高い。

 そのへんのチーム力の差も出てしまった一戦だったと思います。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 08. 21 [Sun] 22:29

No title

>ケンさん

コメントありがとうございます!こういうコメントすごくうれしいです!

3枚のところに5枚の網をかけるってことですね、確かにその変更ができればもうちょいましだったかもしれませんね。

実は自分も以前の記事にて、4-2-3-1見てみたいなぁと書いたこともあるのですが、ちょっと理解できないほどの頑固さで影山監督は3バックを堅持しているんですよね・・・うまくいこうがいくまいがはおかまいなしにです。
そして、システム変更を含めた柔軟性を持って欲しい(つまり場合によっては4バックベースもやれよな!)と確か第1クールが終了したあたりで書いたのですが、あいかわらずの状態と。
おそらく練習で他のシステムの習熟に時間をほとんど割いてはいないでしょうし、たぶん監督は今季はもうこのシステム以外にするつもりはないんだと思っています。
ですので、他のシステムに変更どうこうではなく、あくまでこの5バックのような3バックで守るには?ということを基本に考えざるをえないのかなぁと。


おっしゃるようにチアゴ1トップで、トップ下に26番のキム・ミンキュンを置いて、今の攻守の切り替えの早さは忘れないでいけば、もうちょいできるんじゃないかなぁとはおもうんですが・・・

Edit | Reply |