まだまだいける・・よな? (vs大分戦 録画観戦記)

今朝方大分戦の録画放送を観戦しました。


さあこの試合、前節の0-4の大敗を受けてなのかスタメンをがらっと入れ替えてきました。
コンディションなのか懲罰的交代なのか監督の真意は正直わかりません。
奇策に出たのかなんなのか。いずれにせよ中央の選手間の連携を落としてまで変える必要があったのか?という疑問は残りました。


同じ3バックで、トップに当てて時間作って攻めるスタイル同士の試合。
そして、相手の大分は守備時5バックも辞さないと田坂監督も言っていたということで、サイドであまりチャンスがありませんでしたよね。


というか、大問題として千明がいない!
大分が割りと前目からチェックに来るので、DFラインからボランチを経てサイドなりトップへ付けてといういつもの攻めの流れがまったく作れずじまい。
前線の5人の位置取りが高すぎで、DF-トップ間が間延びしてしまって出しどこがまったくないシーンも大変多かった。これは明らかに連携面の問題やなれない選手が多すぎたせいかな思います。いつもならもうすこしあるはずのチームとしてのイメージが共有できていない感じが見て取れました。
結局打つ手がないので、イリアンからのロングボール一辺倒になり、
数少ないクロスも可能性のないものがほとんどと、リトリートしてきた相手に対する攻めの拙さをモロに出した格好といえるんではないでしょうか。大分は楽でしたね。


特別大分がいいという風にも見えませんでしたが、結局またしてもミスからの失点と。
狭いところでスピード・テクニックでボールを収めた前田、あたりの強さ見せた森島と前線の選手の質の高さは悔しいですが大分のほうが上だったかなぁと。ありえないくらい急造だった相手DFラインにうまく守られちゃダメですわな。


後半の妹尾の1v1の場面以外では得点のニオイのまったくしない試合でした。
それにしてもこの試合拾えるものがあったとすれば妹尾はやっぱ通用するんだなぁということと、ミンキュンがプレーの質を戻してきたということでしょうかね。
まあ彼をボランチでつかわにゃならんチーム事情考えるとまたうーん・・・となるんですが・・・。
見てるとパスセンスあるし、キープ力あるし、局面で相手の意表をつく「違い」を出せるプレーヤーであることには間違いないんですがね。動き方とか選択するプレーがほんとに「トップ下」そのものなんですよね。
もっと自由にやらせてあげたいなぁと思わずにはいられない。
2シャドーの一角じゃなくていわゆるトップ下で見たいよ。
絶対もっとワクワクするプレーしてくれると思うもん。まあ今季はそれも絶望的ですが。


選手の質が全体的に低いことはある程度仕方ないとしても、もうちょい攻めなんとかならんか。
せめてカウンターの時くらいチームとして共有できるイメージとかないもんだろうか。
ファジの攻めのほとんどは一人二人の選手が動く散発的なもので脅威がない。ありていにいえばほとんどが行き当たりばったりで連動性がないんですよね。
ここ5試合で5得点とっているファジですが、熊本の4点を除外して4試合で見ればたった1点しか取れていない。触ればほとんど得点だったチアゴも栃木戦や東京V戦で決定機を外しまくってきている事実がちょっと怖い。
もともと守備的なチームですし、セットプレイやカウンターで点を稼いできたチームですが、後半まで相手がしっかり走れてくるとただでさえ威力に乏しいカウンターすら決まらなくなるかもしれない。


手詰まりかなぁ・・・・。
信じたくはないが・・・。


切り替えて札幌戦、あきらめずに応援しましょう。
このチームの宝はサポだけですからね。いまのところは。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村





このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0