図解でふりかえる!FC岐阜戦失点シーン 【田所+植田=田植】 

おもしろいソフトを見つけたので、お試しうp。
ファジの守備について、先の岐阜戦の失点の原因などを図をつかいながら分析してみるテスト。
※配置についてはざっくりな部分もありますご了承ください


まずは、ファジアーノの基本的なフォーメーションから。(岐阜戦先発)
スペース改
マルで囲った部分がざっくり言ってファジの穴と思ってください。
このマルの部分をいかに使わせないようにするか?それが守備の勘所です。
今回は岐阜戦で失点の原因となったファジの左サイド、植田のヨコの赤マルについてのお話です。
(以下田所-植田のスペースなので田植スペースとでも呼びましょう笑)


相手がファジの左サイドを攻めてきます。(相手は4-4-2のダブルボランチ、フラット型)
左サイド守り線付き
よく試合後コメントで、「3バックなんで、サイドのスペースが・・・」とか言われるのは、
この「田植スペース」および逆サイドの「澤一スペース」のことですね。
ここが3バックの泣き所でもあり、対応の難しいスペースなので相手としては当然そのスペースを狙ってきます。
無論ファジもそれはわかりきっているので、
WB田所が敵MFを、シャドーの妹尾が敵SBをケアします。マークするほうされるほうをそれぞれマルで囲ってみました。赤マルの組み合わせですね。
これはファジの守備時の約束事になっていて、WB・シャドーの顔ぶれが変わってもこの方針は変わりません。
ちょっとごちゃついた絵になってますが、おわかりいただけただろうか。
さて次は、ファジの守備がうまくいっている状態を見てみましょう。


うまくいってる守備
自分が当ブログで、「あるようで実はないサイドのスペース」とか「人を掴む守備」と呼んでいるのが、この図のような形です。確かに田植スペースは範囲が狭くなっているものの確実にあります。
しかしながら、田所→敵MF、妹尾→敵SBとしっかりとマークについていますね。
仮にこの状態で田植スペースにロングボールを放り込んだとしても、敵MFとしては田所をブチ抜いて完璧に近いトラップでもしない限り、まずボールは保持できないでしょうし、パスの出し手の精度も大変高いものが要求される。J1ならありうるのかなぁと思いますが、J2でそれが出来るとは考えなくてもいいと思います。
ボールは敵CBのところにありますが、このようにしっかり見られている状態なので、ボランチあるいは逆SBなど別のパスコースを探すことになるでしょう。この状態がファジの守備がうまくいっている状態だと思います。


さて、失点シーンを見てみましょう。
前のプレーで前へ飛び出した妹尾がオフサイドになり、リスタートとなりました。
失点シーン
ここまでの話ですぐにお気づきだと思います。
田所→敵MF。これはおkですね。きっちりマークについています。
しかし、赤マルを見てください。オフサイドで出た場所は右サイドだったので、そこから左へもどる妹尾の帰陣が遅れ、マークが外れているのがお分かりだと思います。敵CBがそれを見つけすばやく敵SBへと送球する。
敵SBはどフリーです。これはまずいと察知して田所→敵SBへチェックへ行きます。(白線で示してます)
本来なら敵MFにつくはずの田所がしかたなく敵SBへ寄せる。いわば、釣りだされた格好ですね。
田植スペースはどうでしょうか黄マルを見てください。
田所が前へ引っ張られた分、広大なスペースができてますね。これを使わない手はない。
敵SBへと田所が詰めきる前に、すでに敵MFは広大な田植スペースを蹂躙せんと猛然とダッシュしています。
そこへ難なくパスが通る。
(図では線を引き忘れましたが、ミンキュンが察知し遅れながらもカバーへ一応いっています)

泣き所へ最高の形で進入した敵MFは深い位置から低いクロスを送る。
この一連の攻め、前半から狙われていました。しかし、此度の攻めはスピード抜群の攻めだったためファジ守備陣も自軍ゴールに向かって戻りながらの守備を強いられる。
クロスを迎え撃つにあたりもっとも守りにくい体勢です。
そしてみなさんご存知のとおり失点となってしまいました。

この一連の失点シーン。
原因をどこへ求めるのか?とても難しいなと感じます。
イージーにマークをフリーにさせた妹尾の帰陣の遅さを責めるとするならば、妹尾が遅れるのを承知して石原がポジションチェンジして代わりにマークにいくべきなんじゃないか?とか。
敵SBに釣りだされた田所が、敵SBを無視して好きにやらせ、そのぶん田植スペースのケアのため敵MFを見るべきだったと判断チョイスに求めるか。

いずれにせよ、チームとしての帰陣の早さを心がけないと、最下位のチーム相手でさえこうも簡単に失点する。この事実だけは今後に生かしてもらいたいなぁと思います。そこがファジががんばるべきところって、選手自身が常々口にして意識している点ですからね。

でもまぁ、ファジの守備はよくやれているなぁと思います。
セットプレイや凡ミスを除けば、こうも見事に守備を破られたのはヴェルディ戦(ホーム)の1点目、そしてこの失点と、自分が確認できた中ではたった2回しかないんですよね。この点は影山監督の手腕とチームのがんばりを大いに褒めてあげたいと思います。


また長くなってしまったので今日はこのへんで。
今回の記事どうだったでしょうか?
初めての試みなので感想を聞いてみたいなぁと思うのですが、もしよろしければ匿名でもまったく構いませんのでコメントを残していっていただけましたら飛んで喜びます。

↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村










このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

ちるちる  2011, 09. 07 [Wed] 13:55

No title

ファジサポ女子です。
ブログ、いつも拝見してます。
サッカーはまだまだ勉強中ですが
今回、図とともに解説していただいて
すごく分かりやすかったです。
これからも楽しみにしてます。

Edit | Reply | 

ケン  2011, 09. 07 [Wed] 22:29

No title

 どうも。お邪魔させていただきます。

>原因をどこへ求めるのか?とても難しいなと感じます。

 田所が、サイドアタッカーへパスが出た場合にすぐマークに行けるようケアをしつつ、じりっと少し下がって相手ボールホルダーを引き付けて様子を見る、が正解だと思います。

 そして、その時間稼ぎのあいだに、妹尾が戻ってマーク(ケア)につくなり、竹田が「敵ボランチ」を主にケアするようスイッチしてキムがボールホルダーのマークへ行く、と。

 その間ボールホルダーへのマークは若干甘くはなりますが、ゴールからはまだまだ遠く、リスクは少ないですし。

 もちろん、流れ・気づき・その勢いの面で、ご指摘の通り石原が先に行くというのもあり得たと考えます。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 09. 07 [Wed] 22:57

No title

>ちるちるさん

ようこそおこしくださいました。
いつもご覧いただきありがとうございます!

感想をいろいろいただくのですが、けっこう好評なようなので今後もこれは!というシーンをピックアップしてやってみようと思います。
今後ともよろしくお願いします!

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 09. 07 [Wed] 23:12

No title

>ケンさん

どうも、いらっしゃいませ!


そうですね。
後々考えるとケンさんの意見が正解だと思います。
後ろの枚数は足りているので、敵SBがボールを持った時点での危険性は高くない。なので、敵MFを見て「掴んで」おいて、時間を稼ぐ。通常ディレイというと、ボールホルダーへチェックに行って
遅らせることを指すと思いますが、このシーンでは「ボールへ行かない」という高度なディレイが求められたのかなぁと。


この失点も、記事でも触れたヴェルディ戦での失点も、いずれもファジの左サイドからなんですよね。どの相手も左を狙ってくる、ファジの弱点と言ってもいいと思います。
ここの面子の固定、熟成を今後に期待したいところです。

Edit | Reply |