大敗に惑わされず中位を  J2 第5節 鳥栖 vs 岡山

6-0。


ショッキングすぎる点差での惨敗に、どうこの試合を捉えたらいいのかちょっと戸惑ってしまいますよね。
すでに5-0、4-0、4-0と3回も大敗を喫して、さらになんじゃこりゃ!と思うのも無理のない話。
今節はこういう試合だったということで、失点シーンをさらっと振り返るに留めて、
鳥栖がどう出てきたのか?ファジとどう違ったか?というところだけ触れて終わりにしたいと思います。
まあ、いろいろ思うとふがいなさにイラっときたり、ため息出たりしますが、6-0も1-0も1試合は1試合。
別にスネるわけでも、ふてくされるわけでもなく、
得失点差がさらにマイナスになったところでいまさらどってことなくない?と自分は思っています。
得失点及ばず昇格できず!とかなら別だけど、せいぜい順位が1つか2つ上下するだけですよ、最終的に。
大丈夫大丈夫。


試合のほうは、前半2-0、後半4-0と経過したわけですが、
正直1失点目で試合が50パーくらい、2失点して前半終了した時点で90パーくらい決まっちゃったなと思いましたね。3-0になった時点でほぼ完全に勝ちが消え、そこからは試合になってなかった。こういう印象。


1失点目は一柳が豊田を完全にフリーにして決められたわけですが、
セットプレイでの失点+1vs1の弱さ

2失点目はハイクロスをCBとGKがかぶるという凡ミスからの失点、
GKの判断力・CBとのコミュニケーション

3失点目はポッカリ空いたCBの間を余裕綽々とブチ抜かれての失点、
バイタルで前を向かせる守備と釣りだされたCB

どの失点を見ても、ファジアーノの弱さがモロに出てしまっている。そこを丁寧に決められつづけ取られるべくして取られてしまった感じがしますね。


それにしても、今節の鳥栖が素晴らしいなと思ったのは、ボールボゼッションしてるときの攻め方でした。
彼らのほうが基本的な技術の部分で優っているのは仕方ないとしても、決してムリなプレーを選択しないんですよね。特にハーフを越えたあたりの、さあこっからチャレンジのタテ入れてくぞ!というようなところでも、ムリなら狙わない。少ないタッチでなるべく早くボールを回すことを選択する。
これにはまいった。

これまでも述べたとおり、ファジの1トップ・2シャドーのディフェンスってかなりルーズです。
後ろがしっかりブロックを作れていても、前3枚だけがボールへ行って引っ張られるから真ん中にスペースがポコポコあいちゃうんですよね。(鳥取戦図解のユースケの守備の図みたいなかんじ)

それを踏まえて鳥栖は、ムリをしないで空いたスペースへボール持ってない選手が走り、ボールホルダーは少ないタッチではたく。さらに持った選手がはたいたらそこにはまた別の選手が走ってる。
ボールだけがせわしなく動き、人は小さく動く。
これを延々とファジのトップ3人は追いかけます・・・・・・そりゃ疲れるよ。
前半20分から21分30秒くらいまでそうして鳥栖は延々とつなぐというシーンがあったのですが、
はたして鳥栖は何本パスをつないだのか?ためしに数えてみました。


答えはおよそ30本。


もちろんそれでゴールを割られたわけじゃないから回させてもいいんですが、確実に動きなおしなどでスタミナを消耗させられる。そして、それがじわりじわりと今季のファジの強みである後半・終盤の破壊力を着実に殺いでいく。そういう攻めを展開してきましたね。先制点はすでに取っているので、仮に追いつかれたとしてもいつものファジの破壊力はない、落ち着いて追加点を取れば試合は決まる。
そういう狙いがあったのかなぁと。


対するファジは、わずかに3本パスを繋げるシーンがほとんどありません。
攻めに転じたときの人数があまりにも足りてないシーンが多いので、パスコースがない。パスコースがないので判断ができずタッチが増える。結果詰められミスってボールロスト。
残念ながらこのあたりは、個人技術の拙さとシステム上の無理があいまって難しいのかなぁと思います。
やっぱりファジは守備のチームだなぁと自分が感じるゆえんです。


だから絶対に先制点はやってはいけなかった。
こちらが取りに行かなければならない展開だけは絶対避けなければならない。
少なくとも前半はドローで終えたい。
「岡山ごときに勝点3取れないのはマズい」と焦る相手のスキに付け込んで、ここまでうまく勝点を稼いでこれたわけですしね。


さあ、次はたった中2日で千葉戦です。
対する相手は中5日。
コンディションの差は大違いでしょうから、きっと鳥栖戦以上の厳しい1戦になる。
その後も、水戸-鳥栖-FC東京ですよ。ちょっとキツいな・・・というが正直なところ。
少ないチャンスの中からなんとか勝点をもぎ取って、陰陽ダービーカンスタ編までつないで欲しいと思います。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0