もったいないお化けが出るよ! J2 第28節 岡山 vs 千葉

今季こういう試合、何試合目かなぁと帰り際思いました。
中2日でしたし、その割りに選手はよく走っていた。その点については心から拍手を送りたい。
しかしながら、こういう試合で勝ち点をもぎ取れないから、北九州にも栃木にもなれないのではないか?
そう思わせる悔しい試合でしたね。
いや、しかしミンキュン・石原がいないということはどういうことなのか?
もう欠かせない戦力なんだなと教えてくれた試合でもありました。
(すみません、私は45番石原ファンであることをここに宣言します!いろいろお許しください!)

<スタメン>
GK 真子
DF 近藤、ストヤノフ、植田
MF 仙石、千明、田所、澤口、石原、妹尾
FW チアゴ


<結果>
岡山 0-1 千葉


アウェイでの鳥栖戦での無残な敗北から中2日。サッカーの試合をやるには厳しすぎる間隔で迎えたこの試合。
ファジはスタメンを4人(かな?)入れ替えてのスクランブル体制。
開始早々の7分、右サイドから上げられたクロスをオーロイの代役大島にまんまと決められ、
あっさりと先制を許す展開へ。

うーん。やっちまった。
もう何べんも触れたとおりの前半での失点。絶対やってはならない点を与え、またしても追いかける展開に。
このシーン、CKから始まったのですが、そのCKも実は真子の小さなキャッチミスをごまかしたプレーをCKと判断されてのものなんですよね。
ちょっとGKは真子ではもう限界かもしれませんね・・・キャッチのレベルが低すぎて、当たり前のシーンをピンチにしてしまうことが多すぎるなぁ。

こちらはチアゴ、相手は大島と前線に高い選手がいるということで、お互い放り込み中心の展開へ。
今日のチアゴ、よかったですね。
今日は久々に頭で勝つシーンが多くて、よくボールを落とせていました。1試合休んだということもありコンディションが戻ったのかな?また調子を上げて欲しい。
前半はファジのほうは有効な攻めはあまりなし。
きっちりリトリートした相手を崩すアイデア・選手ともになく、またサイドは通行止めで突破もなし。一つ光明だったのは、澤口のクロスの出来の良さ、と。
いつもならミンキュンあたりがブロックのスキマで受けてとか、石原あたりがもらってサイドへ出してという展開がもうちょいだせるんですが、どちらも不在と。

今日は妹尾・岸田の2シャドーでしたが、チアゴも含めて裏へ!裏へ!という意識が強すぎて、FWとDFの間に入れる選手がほとんどいない状態でしたね。
そのため、受け手がいないのでDFとしては出しドコがない→相手は詰めてくる→バックパス→ロングキック。
前へ前へといけない理由はこのへんにあったのかな?と思いました。

そしてそれに重ねて、今日の2シャドー。
岸田・妹尾のコンビでしたが、やはり石原がいない、これが守りにも大きな影を落としていました。
これまでファジがサイドを崩されるシーンというのは大方左サイドだったとおもうんですよ。
でも今日は、右サイドで前後半で5回?くらい破られましたよね?
ここまでこうも破らせることはなかったはずなのに。

試合途中でその辺注意してみていたら、千葉もやっぱパス回しからシャドーが遅れるのを待ってギャップできるなってタイミングで右サイドに振る。そうして数的有利を作ってクロスまでという形なんですよね。
これって図解岐阜失点シーンと同じで、基本的なサイドの崩し方ですよね。
どうなんだろう、やっぱ妹尾は守備の面でシャドーの位置の守り方がまだつかめてないんじゃないだろうか?
たとえば石原-沢口のコンビであれば、上下の受け渡しもスムーズで人を掴んでいないシーンは少ないですし、追っかけまわさずパスコースを切るような守備を展開できるんですよね。おそらくボランチでの経験があるからできることなんだろうと推測しますが。
仮に遅れてもゴールラインくらいまで石原が突っ走ってクロス阻止ってシーンも良く見られたと思うんです。
その辺がうまく行かずに、やられちゃったのかなぁと。

しかしおもしろいもので、逆サイドのスタメン復帰した田所。
がんばってましたね、意地見せたね。
非常に慎重にポジショニング・受け渡しをやって左サイドを落ち着かせていました。

後半に入って、3バックがすこしワイドに開いて展開するようになり、中にスペースが生まれた分つなぎの面で向上し多少リズムが出てきたファジでした。
ハイボールでの競り合いに勝つチアゴを起点に、決定機も2度ほど演出。
うち一本はペナ内ドフリーで中学生でも決めそうな位置でした。けどまあ岸田なので。
決めてたら一気に千葉を奈落の底に落とすようなゴールとなっただろうチャンスでしたね、でもまあ岸田なので。


後半一気に足の止まった千葉相手に、まるでどちらが中2日なのかわからんくなるほどに最後までよく走ったよ。
植田が2枚目のイエローで退場し、万事休す。

正直、千葉まったく強くなかった。
やはりオーロイ軸の攻めでここまで来ていて、その路線を維持すべく代役の大島を入れてきても、昇格争いしているチームとは思えない迫力のない出来でした。この相手ならば分けたかった・・・・
ドローでも御の字の試合で、実際そのチャンスがあったわけですから、なんとももったいなぁと思わずにはいられんのですよ。こういう試合でもうちょい勝点稼ぎたいなあ。


しかしまあ、今日はしゃーない。
しっかりリフレッシュして次の水戸だけは絶対に絶対に勝って欲しい。
その後、鳥栖・FC東京ですからね、ここ負けたら5連敗の泥沼地獄も十分ありうる。終盤に向け、それだけはなんとしても回避しなければならないと思います。
陰陽ダービーカンスタ編を押せ押せムードで迎えたいですからね!

↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0