図解で見る! ファジのカウンターについて 

これまでは、守備を中心に見てきた図解シリーズ。
今回は、攻撃面を考えてみました。
ファジの第2の得点源、カウンターアタックについて考えてみるテスト。
(配置等はわりとてけとーですのであしからず)

5バック時
まずは、『5バック状態』についてです。
今季のファジはCBを3人がつとめる、「3バック」を採用しています。ずーっとこれでやってきましたから、もうお馴染みですね。図は先日の千葉戦のスタメンで名前を出していますが、この場合植田・ストヤノフ・近藤の3名で3バックを構成していますね。
次に赤マルと中の白線のところ。
白線は敵のマークのために移動したことを示しています。
キーパーの直前のDF陣を結んだ線を最終ラインといいますが、田所・澤口の両WBが最終ラインに取り込まれていますよね。まるでDFが5枚になったようなこの状態を「5バック」状態といいます。

次に、カウンターについて。
カウンターとひとえに言っても大きく分けて2種類あります。
一つは、ハイプレスをかけ高い位置でボールを奪いすばやくゴールへ急襲する「ショートカウンター」
もう一つは、自陣深いところから一気に前になだれのようにゴールへ急襲する「ロングカウンター」
(出典 グーグル先生)

ファジの場合、高い位置でプレスをかけてボールを奪取するシーンはほとんどないので、ショートカウンターはほとんどありません。ゴールに結びついたカウンターもほとんどはロングカウンターと言ってもいいと思います。


ところで、先日の千葉戦でもそうでしたがファジのカウンターは前半は迫力がありませんよね。
調べられないのでわかりませんが、おそらく前半はカウンターでの得点は0なんではないか?
後半あんなにカウンターで点取ってきたのに、どうしてこのような差がつくのか。
そのあたりを意識して図を作ってみました。上の図から、植田がパスをカットした場合としています。


守→攻
ずいぶんスッキリした図になりましたが。
こういうシーンて、試合でしょっちゅう見かけますよね。
この前の試合でも、チンタラすんな、はよ上がれ!みたいなヤジが飛んでいましたが、植田がボールを持った、さぁこっからロングカウンターだ!というこのシーン。ファジのカウンターの大半はモタついて失速します。

ボールより前方のエリアを白ワクで囲ってみました。
植田が前へ大きく蹴ってクリアでもしない限り、前へとつないでカウンターに入ると考えられますが、注目すべきは白ワクの中の人の数。敵の黄色は7、もしくは8。それに大して攻め手のファジは5。かなりの数的不利状態なのがおわかりだと思います。これではどこへ行っても敵がついてきますね。
これではさすがに詰められるし、パスコースも少ないので展開が窮屈、おまけに読みやすくもある、と。
仮に各ファジ選手がリスク無視でここぞ!とばかりに前に行き、チアゴにボールが渡るも、収まらずに奪われる。そういうシーンを想定してみましょう。


ロングがショート
あえてちょっと極端な図にしましたが、バイタルは空く。サイドは空く。ボールにプレッシャーはかからない。守→攻から、すぐさま攻→守へと出足をくじかれて浮き足立った状態ですよね。
ハイプレスで奪取し短い距離をカウンターがショートカウンターの定義だったと思いますが、この絵ってまさしく
ショートカウンターの絶好機ともいえると思うんですね。これは怖い。

ここでまとめると、深い位置を起点としてカウンタースタートしても、ボールより前にいる枚数が少ないのでコースがかなり限定される。もしミスれば即座に相手のショートカウンターのチャンスに転じてしまうリスクがあるので大胆なプレーができない。そして、狭いところで繋いで打開する技術力はない。
このあたりが、前半のファジのカウンターがどうしてもモタつく。スッキリしたロングカウンターが展開できない理由なんではないんだろうかと思います。


しかし、後半になるとまた違った展開になる。



札幌カウンター
決勝点となった札幌戦のカウンターのシーンです。
やや奪った位置が高いので、ロングカウンターといえるかどうかは微妙かなとも思いますが、大事な要素は詰まっているのでこれにしました。白線は選手の動き、黒線は得点の起点となった石原→澤口のパスを示しています。

まず、ボールより前の人数を見れば4vs5くらいで、左サイドで見ればかなりファジの数的有利ですよね。
そして、黄マルで囲った部分を見れば各所にスペースが開いていて、相手の陣形がかなり間延びしていることが見て取れると思います。このくらいのスペースが与えられれば、技術力が高くないファジの選手でも容易にコントロールできる。このシーンでは石原が左サイド→中央とスペースを渡り歩くようにドリブルし時間を作りました。
コントロールして時間が作れるということは、ボールをロストして逆カウンターを喰らうリスクが少ないわけで、後ろからドンドン押し上げることが出来ます。澤口も猛然と右サイドを駆け上がります。

結果、ご存知のとおり石原→澤口、澤口の素晴らしいクロスを岸田がヘッドで決勝点と、相成ったシーンでした。
ゴール前に詰めていた3人は決めた岸田のほかは、なんとミンキュン・竹田の2名でした。
スペース・時間がありさえすればファジでもこのような自信に満ちたカウンターが展開できることを象徴するシーンだったと思います。


J2では後半間延びせず90分をコントロールできるチームはあまりないですし、相手に点を取りに来させる展開にさえ持ち込めれば、このようなカウンターも打てる。これはみなさんご承知のとおりだと思います。
またファジはきっちりリトリートしてきた相手を崩す攻撃力はない。
なので、拠り所となるのはやはりカウンターと言ってもいいと思います。
影山監督には次は前半のカウンター、特にサイド怖いなと相手に思わせるようなカウンターの新しいアイデアを期待したい。それが後々自らを助けることになるのでは?と思います。



↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村








このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 4

ケン  2011, 09. 23 [Fri] 23:38

No title

 ご指摘の点ですが、2011年現在では若干言い古された感もありますが、かつてオシム氏が言った「(得点→勝利のため)リスクを冒して考えて走れ」が正解だと思います。

 具体的には、相手からボールを奪ったら、1トップに当てることを基本としつつ中盤の両ワイド(ファジアーノでは「シャドー」などと言っていますが、守備時の守備担当範囲から言えば実質は5-4-1の両ワイドMFだと思います)&ボランチの最低どちらかが前にどっとスプリントして、敵MF陣の後ろに出るのはもちろんのこと敵のDF陣の同列か(オフサイドなしで)後方に飛び出すことにより、数的不利どころか数的優位ある決定的アタックを繰り出すこと、そしてそのリスクを冒すこと、とはいえ試合結果を伴わせるために考えて走ることだと思います。

 こういったことは、開幕戦の平塚戦をはじめ、ファジアーノが今シーズン完敗を喫した試合ではこれを相手にやられているので、その試合の録画を見れば大いに参考になると思います。

 そして・・・ファジアーノの場合、守備時に4MF-5D-1FWの比較的コンパクトな3ラインに実際上なっているので、1トップ当ての次の局面でスプリントしたMF陣がそれぞれ決定的場所へ飛び出していく→必要ならウイングバックがフォローしてサイドでの優位を作りだして決定的な形を創ることはできるはずです。

 少なくとも、決定的に裏を取られることを嫌っての守備陣形の間延びによりスペースができ、そこを利用することができます。強いチームのいい時は、このへんの変幻自在な繰り出しに優れています。

 しかし・・・ファジアーノのボランチでコンスタントにそういう動きをしてくれるのはキムだけで、おそらくはウイングバックやサイドバックよりボランチに適性のある田所は「そこ」で使ってもらえないし・・・まあ、田所はまだまだムラがあるんですが・・・

 また、妹尾や岸田も、意外に効果的なスプリントをすべき時にしていないムラがある印象です。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 09. 24 [Sat] 21:29

No title

>ケンさん

どうもこんばんは。
いつも丁寧に意見を寄せてくださって大変ありがとうございますm(_ _)m

リスクを冒す。同感です。
またご指摘のように、効果的な走りでボールを呼び込めるような動きもっとほしいですよね。
影山監督がこのあたりどう考えているのか?一度聞いてみたいところですね~。

Edit | Reply | 

tko  2011, 09. 27 [Tue] 01:26

No title

ご指摘の点、非常に参考になりました。

ファジは自陣から組み立てる力がありませんので、狙いはショートカウンターだと思うんですよね。
高い位置からプレスかけて、ボール奪って…みたいな。
でもできてないんですよね。

よくある展開として、
シャドーのプレスが弱い
  ↓
両ウィングがすぐディフェンスに下がってしまう
  ↓
中盤より前が手薄(チアゴ&2シャドー)
  ↓
自陣でボール奪っても、誰も上がってないから、とりあえずチアゴめがけてロングフィード

て感じですよね。
ウィングが下がった後は、チアゴだけマークしておけばもうOK。私が相手方の監督だったらそうしますね。

「いきなりチアゴ」ではなく、中盤使ってじっくり攻める、これが足らない点だと思うんですけどねぇ。
私としては、「ボランチを縦に並べては?」と考えています。
前側はミンキュン。後は竹田or千明。思い切ってイリアンでも可。
2シャドー+ミンキュンで、言ってみれば「3シャドー」のようなイメージ。
ボールを奪った後は、MFの縦ラインを中心に攻める。
もっと攻めの引き出しを増やしてほしいですね。

Edit | Reply | 

あるびの  2011, 09. 29 [Thu] 21:45

No title

>tkoさん

こんばんは、いらっしゃいませ。

そうですね、ミンキュンはやっぱもうちょっと高い位置でプレーさせたいところですよね。
きっと、普通にこなせると思います技術的に。
ファジで前目というとトップかシャドーしかないわけですが、シャドーは全然シックリこなかった経緯がありますよね。加入直後はシャドーで使われてましたがギクシャクしてました。
なんだろう、彼はサイドへ流れてというプレーはスキじゃないんだろうなぁと。
ボランチには入ってますが、上がっていったときとかトップ下っぽい動きを見せてますし。
やっぱチアゴの下において、最後の仕上げのところを任せたい気がしてなりません。
シャドーもウイングバックもサイドへ流れる、それもいいんですけどバイタルもうちょい使えんもんか?とモヤモヤする感じはあります。

Edit | Reply |