図解で見る! ファジの獲得しようとしているモノとは

あらためて津山で行われたvs鳥栖戦でのビデオを復習してみると、結果こそ残念ではありましたが勇気を持って新しいことにチャレンジし、それを手に入れつつあるファジの姿を見つけられました。
今回は、そのファジが獲得しようとしているモノを確認してみるテスト。



まずはこちらをご覧ください。
シーンは竹田のファインプレーから始まります。
竹田のファインプレイ
鳥栖は4-4-2、ファジはいつもの3-4-2-1ですね。
このシーンDFラインからのビルドアップですが、竹田がここでいいプレーを見せます。
白く囲んだ部分、敵FWがボールホルダーの竹田をチェックに来ます。そこで竹田が遠くをルックアップするフェイントを入れ、かなり鋭いボールを千明へ。まるでイリアンのような、FWを釣った上でのボランチへの繋ぎ。これではFWは中盤へのプレスが遅れることは避けられません。そして山崎も積極的にビルドに参加すべく降りてきています。これによりミンキュンが上がっても保険ができるうえ、中盤に厚みが生まれます。



(黄線はボールの動き、白線は人の動きを示しています)
千明がいい形でボールを保持できました。
クサビ
この日ファジがチャレンジしていたのはこのようなくさびを打ち込むプレーでした。
千明のキックの射程を考えると右の澤口へという選択肢もありますが、千明はクッキーへのクサビを選択。
しかもこのシーン、クッキーが「出せ!」と要求しているのではなく、千明が「ここへ降りて来い!」と意思を込めたタテパスを入れている点は注目です。千明がゲームを作っていることが顕著に出ているシーンですね。
またクッキーが降りていくことを察知して、やや2トップ気味に位置していた妹尾がクッキーの元々いたポジションへ移動を開始しています。このあたりもボサッとせずにちゃんと連動していますね。
もう一点、赤丸のところですがクッキーが降りることで敵CBが最終ラインから釣りだされる形になります。
これはものすごく大事な点です。


クッキーが下がりながらボールを受け、左WBのユースケへ落としクサビを成功させました。
ユースケェ
ユースケがボールを収めた瞬間ですが、釣り出されたCBと右SBの裏に膨大なスペースがありますよね。
青丸エリアへタテパス一本で妹尾がぶち抜け、ご馳走様ってなシーン。実際妹尾が「出せ!」と指差しているのに、なぜかユースケはクロスフェイントを入れ、トップの位置まで上がっていたミンキュンがスペースを察知し降りてくるところへ合わせます。

うーん・・・・・ないわ。
頭を抱えるシーンです・・・・(ユースケェ・・・)この選択はちょっとかばいきれないかな。

妹尾次第ではありますが、かなり深いところまで進入できることは間違いない。
しかも相手はゴールに向かって守る必要に迫られる一番守りにくいパターン。
もっともクリティカルな攻めと言っていい。・・・・ううむ;
このようにイージーにやっていいところをやらない判断の悪さはユースケ・澤口両人ともに改善して欲しいところですね。結局ミンキュン→千明と繋げ、かなり高い位置で千明が前を向いてボールを保持することに。



千明フリー
ユースケの判断ミスはありましたが、敵のSHが千明を全くケアしないのでいい形になりました。
この高い位置で千明ドフリーにさせたらなんでもやれるよ?鳥栖さんというシーン。
青丸3つを見てください。千明より前に、クッキーの前(左青丸)、妹尾・山崎の前(中青丸)、澤口の前(右青丸)とよりどりみどりの絶好機。パス一本でゴール直結もあり得るシーンです。
妹尾が2人をひきつけて中青丸への侵入を試みたことで、左青丸はさらにガラ空きに。
それを受け、千明が抜け出したクッキーへスルーパス。
かなり深い位置でドフリーでクロスを上げるとこまで行き、点にはなりませんでしたが、あの堅守の鳥栖を見事崩すことが出来ました。


このように、鳥栖相手にファジはクサビを打ち込んで展開する新しい攻め手を試行してみるシーンがかなり見られました。前半にも竹田の素晴らしいタテパスをクッキーがサイドにはたいてユースケのクロスに結びつけるシーンもあったりと、しっかりリトリートしてきた相手を崩すという一番難しいテーマに挑み、一定の手ごたえを掴んだ。そういう試合でもあったのかな、と思いますね。

チアゴの離脱により必要に迫られたという点もあるでしょうが、チアゴがいようがいまいがこの攻めは遂行できますし、それまでサイド一辺倒だった攻めに中央でクサビを入れてというパターンが加わることでヴァリエーションの面でも豊かになる。そして、最近先発で試合に出ている山ちゃんの存在はこの攻めを展開する上で重要なのではないか?と思います。またそのあたりが、石原がスタメンを取れなくなった理由でもあるのかな?と。
実際にヘッドでこの試合初ゴールを記録。
結果を出したということもありますが、
彼は降りてきてミンキュンと交代するポジションを取ってもなんら問題がないし、思いのほか前目の選手としてのセンスも兼ねそろえているので、クロスに飛び込む選手としてもセオリーどうりの動きが出来るんですね。
またミンキュンがボランチの位置から出て行くと、やはり相手も誰がつくのかはっきりしないところがある。
中盤4人いる中でポジションチェンジが活発に行われるようになると、相手の守備も混乱を招きやすいだろう、と。
またチアゴ→クッキーとなったことで、前線の3人のポジションチェンジも活発になってきた。
全員裏を狙って中盤スッカスカとか、いいからチアゴのヘッドだ!という攻めに終始していていたそれまでとは、幾分かの活発さを感じられた方もおおかったのではないでしょうか?


まだまだ決定的なシーンを作れた、というところまで行ってないのでアレですが、今シーズンもう一度いい流れを取り戻すためにはこの攻めは欠かせないチャレンジと言っていいと思います。
次のFC東京、相当強い相手です。
ですが、臆することなくこの攻めを遂行できたとき、我々はさらに期待をもって第4クールを迎えることが出来るのではないでしょうか?期待して成長を待ちましょう。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0