”リトル広島” まであと少し!J2 第31節 F東京 vs 岡山

さあ、第3クール最終戦。
ここまで2連敗引き分けを挟んで鳥栖に負け、5戦2分3敗と厳しい流れで迎えたFC東京戦。


目先の結果は確かに気になります。


そりゃ歓喜で終わる試合をもっと観たいですわな。
しかし、今チームは間違いなく一皮剥けれるかどうかというところまで来ています。
サブでもう一チーム作っても昇格するんじゃね?というくらい圧倒的な戦力差のある相手ですが、いま取り組んでいる攻撃面での改革をどこまで推し進めることが出来るのか?
そのあたりをしっかり見せて欲しい。そう願って観戦しました。


<スタメン>
GK 真子
DF 一柳、後藤、植田
MF 仙石、千明、小林、澤口、臼井、妹尾
FW 久木田

<結果>
F東京 3-0 岡山

前半早々にCKから失点、まあいつものパターンですがこれはもう諦めましょう。
どうしても入ってくるボールに先に触れないんだよなぁ。やっぱ1対1の動き出しでどうしても勝てないからでしょうね。結局は個人個人の問題なんじゃないか?と自分は思っています。ファジの守備はマンマークですしね。
まあここまで数え切れない数決められてるので、一度ゾーンでやってもいいんじゃないか?とは思いますが。

しかし、この日の守備はとてもよくやっていたと思いました。
というのも、1トップ・2シャドーが不用意にボールを追っかけまわしていかないので、ボランチ-前線間の距離がグっと詰まり、スペースを不用意に空けるシーンがすくなかった。
これにより、相手の梶山・高橋のボランチのところにボールがうまく入らないので、そこからゲームを作る展開に持ち込ませない守備が出来ていたと思いますね。
こういうスキのない守備が継続して出来れば、FC東京でもさすがにてこずるわけで他のJ2のチームならいわずもがな。今季ここまで必死に取り組んできたことですし、第4クールもこの調子でやって欲しい。

そしてこの日の前半のファジが素晴らしいなと感じたのはミスの少なさ。驚きました。
バックラインでの繋ぎこそもう少しスムーズにしてほしい印象でしたが、ハーフより前における展開ではつまらないミスパスがいつもより格段に少ない。まあ相手が足元にガツガツこなかったというのもありますが、繋ぎのサッカーを希求するならミスをしていては話にならない。そういう意味でも評価できる点だと思います。

試合としては前半3失点と、相手が相手ですし勝点を得るという意味ではほぼ可能性はなくなってしまったのは確かに残念。このところ勝点が伸びないこともあり、ガッカリと意気消沈してしまうところですが・・・・
自分はこの試合を見ていてかなり手ごたえを感じました。
つか、ほんとに第4クールの巻き返しありえるかもしれんよ!?凹んでる場合じゃない!


というのも、決定機この試合3度も作っているんです。FC東京相手に、ですよ?
多分権田じゃなかったら多分2点取ってるよ、ファジ。
実はそれ以外にも、サイドの深い位置に侵入できそうな攻めが何度となく表現できていた。ちゃんと守備を整えているFC東京相手に自分たちの攻めがしっかりと展開できていた。これは本当に大きな収穫でした!
そういう意味で、しっかりと鳥栖戦からの成長曲線上にこの試合もしっかり乗っているんですよね。
前回のホーム対戦時のようにドン引き作戦ではなく、意欲的に前に出て行くチャレンジを選択した監督を自分は支持したいと思います。ここは結果じゃない、内容だと思うので。

ファジはちゃんと成長している。
後はこの路線でしっかり点を取れるチームに生まれ変わるために、結果を出したい。点を獲りたい。
セットプレイは論外としても、守備は全体的に悪くないチームですから、ここへ流れの中で加点できるような攻めがモノになったとき、ようやく攻守のバランスがファジにもたらされ、やっと戦えるチームになる。

もう少し・・・もう少しの我慢ですよ・・!
次の陰陽ダービーから始まるホーム3連戦、影山監督にはこの路線をさらに推し進め、なんとか今季を終えるまでに攻守そろったまっとうなチームへと生まれ変わるまでブレずにやってほしい。
生みの苦しみから解放され「リトル広島」へ生まれ変わるまであとすこし。
ホーム3連戦、私たちが後押しをしてもう一度雉を羽ばたかせましょうや。


↓よければポチっとおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT 0